加計呂麻島の風便り

Month: 6月 2012

我が家の新メンバー

一昨日の夜、我が家に新メンバーが加わりました。

生後2ヶ月程の子猫ちゃんを頂いて来たのです(^^)

家族会議の末、「ネリー」と命名。綴りは「Nelly」・・・だと思う。

私と夫と4歳のおねえたまと、3人であーでもないこーでもないと言い合っていた時、

ふと目に入ったブルーナさんの猫のキャラクター。

模様がそっくりじゃないですか!?

ということで、夫がネットで調べて付けました。

でもね、後でちゃんと調べてみると、ネリーという名のキャラクターは

どうも真っ黒な子猫ちゃんのよう(-_-;)

ま、いっか。もう決まっちゃったし(^_^;)

この子猫ちゃん。実は、引っ越してきてすぐの頃に

「5匹生まれたんだけど、どう~?」と聞かれていた子たちの内の一人。

その時は、いろいろ考えて、まだ飼うのは難しいかな~と言っていたのだけど。

ついに、我が家の屋根裏でも「ネズミの運動会」なるものが始まってしまって(T_T)

島の皆さん揃って「ネズミ対策には猫」って言うものだから・・。

飼うことを決意した次第であります。

獲物を捕ってきて見せるのだけは勘弁してほしいな~と思いつつ・・。

可愛さに負けたところもあります(^_^;)

ほぼ引き取り手が決まっていた子猫ちゃん達の中で、残っていたこの子。

きっと福があるはず~なんて思っていたら、

翌日、夫が初めて魚をゲットして帰ってきました~(^o^)

やっぱり招きネコちゃんかも~なんて。

釣って来た魚は「スズメダイ」

黒と白のシマシマ模様で、光の加減によっては水色に光る・・・。

ちょっと、まな板に乗せて調理するのには勇気がいりました(-_-;)

だって・・熱帯魚図鑑みたいのとかでよく目にするお魚なんだもの~。

でも、煮ても焼いても美味しいらしく、

塩焼きにしたら美味でした~(^_^)

命を頂いて生きているということを実感いたしました。

ありがとう。お魚さん。

そして、これからも福を招いてね。ネリー(^^♪

 

台風4号接近中

昨日は嵐の前の静けさだったのでしょうか・・・。

久しぶりに晴れて、風も穏やかで暑い一日でした。

フェリーに乗って台風前の買い出しに行くことにしました~。

停電に備えて、インスタントラーメンを買いだめしに行くのです(^^ゞ

フェリーからの景色。久しぶりに観た青い海です。

いつものスーパーに行ったら、保育所でおねえたまが描いた

父の日の絵が飾られていました。

男の子達のパンチのある絵に混じって、ひときわラブリーでした^^;

こんなメッセージを見せられたら、遊ばないわけにはいきませんよね・・・?

ということで、

帰ったらすぐにパパとおねえたまは泳ぎに行きました(^^)

 

こんなことを書いている間も、雨と風の音が大きくなってきています(*_*;

昼間、大家さんが来てくれて、玄関にも板を打ち付けてくれたので

大丈夫だとは思うけど・・・。っていうか。

家に板を打ち付けるのって初めて見た~。

本当にするんだね。

そして、打ち付けたことによる安心感がものすごい(*´ω`*)

でもでも、一番の不安は停電。

夜中にかけて上陸するかもだから、

朝起きたら電気が付かない~!なんてことになってるかも(´・ω・`)

それにしても。関東にいるときには気付かなかったけど。

テレビの天気予報って、やっぱり関東中心なのね。

沖縄奄美が暴風域に入ってるのに、一言も触れずに

関東に明後日辺り上陸する恐れが・・・って言ってたわ。

なんだか取り残された気分~ちょっぴり心細くなりますな。

町内放送を頼りに頑張るっす!!

ブログを始めま~す。

 

ついにブログを始めることにしました~。

どのくらいの頻度で更新できるか分からないけど・・・。

なるべくたくさん更新するぞ!・・・「なるべく」、ね(*^。^*)

カケロマ島に引っ越してきてからもうすぐ1ヶ月。

なかなか晴れないな~というのが一番の印象でしょうか^^;

梅雨だから仕方ないけどね。

この写真は引っ越してきてすぐだけど、

貴重な晴れ間だったな~。

でもね、すごく天気の移り変わりが早いから、

朝起きた時に土砂降りでも、すぐに晴れ間を見れたりもする。

その後もまた降ったり止んだりを繰り返すのだけど(^^ゞ

暑い日々を覚悟して来たのだけど、

今のところ風が爽やかで快適です♪

今日は蒸し暑かったけどね。

この蒸し暑さを耐えられれば、夏は越えられるよ、と

大家さんに言われました。

日差しの痛さも待ち受けているらしいけど(^_^;)

これからどんな日々が待ち受けているのでしょうか~。

乞うご期待!?

Copyright © 2018 加計呂麻島の風便り

Theme by Anders NorenUp ↑