加計呂麻島の風便り

Month: 7月 2012 (page 1 of 3)

カケロマドライブ

土曜日、前日にバイクで島の西方面を巡ってきたダンナたまが

すごく良かったから、と今度は家族4人でドライブすることに。

島の真ん中辺りに位置する、瀬相港より西に行くのは初めて。

どこまで行っても、山と海の道は変わらないのですが、

場所場所で、どことなく違って見えるから不思議です。

ダンナたまが、武名(タケナ)のガジュマルがすごかったと言うので、

寄ってみることに。

道路から少し入るとすぐに沢が流れている道に出ました。

大きな葉っぱを見つけたおねえたま。「傘みたい~!」

1分程歩くと・・・

大きなガジュマルの木が!!!

何か宿っている・・そう思わざるをえない佇まいです。

子供と比較するとこんな感じ。樹齢何年なんだろう・・。

上から枝を下ろして根になって・・とまだまだ成長中です。

まるで探検隊のような3人。海近くとは思えない景観です。

海と山しか見えない道からバスがやって来る。

一瞬、「ねこバスか?」と思ってしまう(^^ゞ

加計呂麻島の西端、「実久(サネク)」に到着。

住民20人程の小さな集落で、とても静かで美しい所。

本当に、「静」という一文字がピッタリくる場所でした。

「ご自由にどうぞ」のステキなウッドデッキで

お店のおばさんが写真を撮ってくださいました。

「4人で写ることあまりないでしょ?」って(^^)

たしかに、久しぶりの家族写真かも~。貴重ですよ。

ダンナたまがシュノーケルしている間に、3人でかき氷をいただきました(*´∀`*)

この暑さにかき氷は欠かせませんね~(^^ゞ

うーぱんの食べているかき氷の色、海と同じ色だ~(・∀・)

でも、うーぱんは大好きなかき氷を食べている時は真剣そのもの。

脇目もふらず、笑顔も見せず、必死に味わうのです^^;

誰にも取られないようにね(^^ゞ

この後、海に入ったおねえたまが、

入った途端にクラゲのようなものに触れられてしまい

足中にミミズ腫れができてしまうハプニングが(;_;)

お店のおばさんがすぐにお酢を塗ってくれて、

冷やしてくださいました。

それが良かったのか、すぐに腫れが引き、痛みも治まった様子。

本当に助かりました。

これから海に入りに行くときはお酢を持って行こうと思います。

「子連れだとなかなかゆっくりまったりは出来ないね~」

とパパママは思ったのですが、

それでもまた行きたいと思うくらい、ステキな所でした(^^)

 

 

 

移動図書館と採りたて野菜天ぷらな1日。

今朝起きてきたおねえたまの様子が変。ダルそう。触ると熱い!

発熱していました~。

ということで、保育所はお休み。

でも、今日は移動図書館の日。

返さなきゃいけない本もあるので、

うーぱん自転車で保育所まで行きました。

歩いている途中で、トトロのテーマ曲を流しながら走る黄色い車に追い越されました。

そうです。それが移動図書館です。

3,000冊余りの本をギッシリ載せて、保育所前に到着です。

絵本ももちろん沢山積んでくれています(^.^)

図書館好きとしては、大変ありがたい存在です。

絵本を4冊と自分に小説を1冊。

次は2週間後です。読み終わるかな。

さて。特に症状はなく、

熱だけ出してママと遊びたいオーラ出しまくりのおねえたまと

元気一杯魔の2才児のうーぱんに

イタズラ盛りの子猫のネリー。

3人・・いや、3匹に邪魔されてちっとも家事が進まない~と

思っているところに、お庭から「こんにちは~」の声が。

すぐそばで畑をやっているおじさんが、

余っている野菜をいりませんか~と訪ねてきてくれたのです!

もちろん、「欲しいです!」と言ってついて行きました(^.^)

見てください!こんなに沢山!!

リーフレタスにハンダマ、キュウリ、ナス、ピーマン、オクラ。

「形や色は悪いけど、味は美味しいよ」って。

本当に有り難い。嬉しいです。

何もお返しするものないのに・・強いて言えば子供の大声だけ(-_-;)

島言葉をなかなか聞き取れないワタシを気遣って、

ゆっくり優しく話してくださって、心がホッコリしました。

なんでも、昔、横浜の新子安に住んでいたことがあったのだとか。

そんなローカルな地名をここで聞くとは!ビックリしました(^^ゞ

夜、ハンダマ、ピーマン、ナスを天ぷらにしていただきました(^^)

こんなに甘い、味の濃いピーマンやナスを食べたのは初めて!

ダンナたまと「美味、美味、美味過ぎる~!」と言ってパクパク食べちゃいました。

心ウキウキな1日でありました(*^_^*)

 

うーぱんvsネリー

次女、うーぱん(2歳)の成長ぶりがスゴイ。

というか、面白い。見てて飽きませんね。

まず、おしゃれに目覚めたのか、ワンピースしか着てくれなくなりました。

しかも、その時の気分があるらしく、なかなかスンナリ着てくれません(-_-;)

着た後は、裾を持って「か~いい?(可愛い?)」と聞きます。

「可愛いね」と答えると、裾を広げてクルクル回ります。

夜もワンピースで寝ます。

なんとかTシャツを着せても、寝ている間に脱いでしまいます(-_-;)

そんな女の子っぽいことに目覚めたらしき、うーぱんですが、

飼い猫ネリーに対して、ものすごく強いのです。

いや、飼い始めはちょっと引っ搔かれただけで

「あめれしょ(ダメでしょ)!バシしちゃ!アッカンべ~」くらいしか

反撃できず、泣いてワタシにすがってきていたのですが

最近では我が家で一番強いです。

大興奮で暴れまくりのネリーに真正面から向かっていき、

サッと持ち上げて片手で抱え移動し、ポイっとしたり、

「いちゃい(痛い)!にゃにしゅるの(何するの)!」と怒って

蹴ったり叩いたり^^;

もちろん、ネリーも逃げたり攻撃したりするので

大事には至りませんが・・・

っていうか。二人共、ちゃんと手加減している様子。

本気でやり合ってたら血を見るはずですもの。

これは、子猫や子犬が兄弟同士でじゃれあって

加減を知って成長していく姿に似ていますね。

見ていて面白いので、ついつい観察してしまいます。

ネリーは寝て起きた後、ものすごい勢いでじゃれてきて

噛んだり引っ掻いたり・・。

加減してるんだろうけど、痛いです(*_*)

お邪魔で用事が進まない時などにうーぱんに助けを求めると

「も~。にゃにしてゆの~。(何してるの)ネディーはぁ(ネリーは)」

と言って取り押さえてくれるので、大変便利です。

でも、何かに夢中になっているときは助けてくれないので

よくおねえたまが「うーぱんが助けてくれなかった~」

と言って泣いてきます(^_^;)

おねえたまも、もう少し強くなってくれると良いのだけど・・。

ネリーにとってはバランス取れててちょうど良いかな?(^^ゞ

 

Olderposts

Copyright © 2018 加計呂麻島の風便り

Theme by Anders NorenUp ↑